ケニアの週末
ここナイロビでも、クリチバのときと同様かそれ以上にいろいろなアポイントメントや現地踏査で、かなりハードです。ここでは、うちの研究室のケニア人の社会人修士学生のマコリさんが、ほぼ全ての行程をアレンジしてくれました。

さて、ナイロビ到着は日程の関係で12日夜となり、週末はぽっかりと予定が空きました。そこでマコリさんと、ナイロビから2時間強のナクル国立公園まで行ってきました。出張中ではありますが、2週間以上もあれば何も仕事ができない週末がどこかでやってくるので、そこはご容赦くださいというところです。

ナクル国立公園の大きさは、イメージとしては箱根の外輪山の中くらいでしょうか。ここが外界と完全に柵で囲われていて、中は数件の宿泊ロッジや管理事務所があるだけで、遊牧民も含めて誰も居住していません。公園内は、道路(やや悪路)以外の自動車走行は禁止で、下車も基本的に禁止です。

国立公園内にいたのは4時間ほどでしたが、多くの動物や鳥を見ることができました。外から移入した動物も多いというのも、比較的簡単に動物を見つけられた理由かもしれません。

インパラ
インパラ

フラミンゴ
フラミンゴ(とシマウマ)

他にも、サイ、ヒヒ、ハイエナ、バッファロー、キリンなどがいました。残念ながら、ライオンなどの肉食獣にはあえませんでした。

ナイロビからの道路は国土の幹線道路にあたり、確かフランスの援助で大幅に改良され、市街地はバイパスがありところどころ立体交差になっています。国立公園も面白かったですが、移動途中で、大地溝帯を上から見下ろしてみたときは、なかなか壮観でした。



CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.