ドイツ着
 この一週間、移動が続いたり、ホテルでネットが使えなかったりで更新を怠っておりました。
が、この間は無事にすごしていて、デルフトではきちんと小松君に会うことができました。
9日の夜にカイザースラウテルンに到着しました。

この間、パリ、ブルッセル、デルフト、アムステルダム、デュッセルドルフという経由できました。
その間のことは、これから思い出しつつ書いていきます。

さて、アムステルダムからデュッセルドルフ・カイザースラウテルンは、全てICEでした。
ICE
子供は電車が好きなんですね。

TGVよりも車内は広めのような気がするし、居住性は2等車でもまあまあです。電源もあるのでパソコンも打てます。お金を払えばネットもできます。

ところが、この移動の2日間はたまたまなのか、自分の乗った時刻のほぼ全てのまわりの列車が20分遅れくらいで、乗り継ぎを繰り返していく身ではなかなか不安なものがありました(放送は全てドイツ語で、数字と地名しか分かりません)。ICEは、乗継がうまくできるようなダイヤ設定とネットワークになっていて、そのためか、ひとつの列車が遅れるとドイツ全土の列車が遅れるということになるのかもしれません。9日の日曜日の午後はどの乗換駅でも利用者が右往左往していました(到着番線もしょっちゅう変更になります)。
その乗換え駅にもエスカレータ・エレベータが意外とない(20kgのスーツケースを持つ身にはかなりつらい)とか、駅に乗車ドア位置表示がないので、列車が到着すると待っている人がみんないっせいにドアの前に走って移動しなくてはいけないとか、日本の新幹線のつもりで利用しているとイマイチなことは多々ありますが、所詮は在来線の特急に毛が生えたようなものですから、それはやむを得ないのかもしれません。

でも、アムステルダムでは、窓口で切符を買うと40分待ちとか(Hi Speed という名の高速列車専用窓口なんですが、ぜんぜん「高速」ではない。ネットで買えばいいんですがね)、本当に飛行機と競争する気があるのかと思わないではありません。まあこちらは、荷物が重いだけで急がぬ旅だったのでまあいいんですが。

さて、ビールはドイツはさすがにおいしいです。でも毎日ビールを飲んでいたら体を悪くしそうなので、一日おきに休肝日ということで、今日はためしにノンアルコールビールにしました。そしたら、これが意外やなかなかいける味です。こちらには当然ながら無糖の飲料は水くらいしかないので、ノンアルコールビールは冷ウーロン茶がわりによさそうです。
Comment:
Add a comment:









CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.