バンコクのBRT試乗

バンコクには定刻よりはやく14:00ころ到着しました。いままではスクンビット周辺に泊まることが多かったですが、今回はサイアムスクエアのノボテルに泊まります。サイアムスクエア周辺は大型商業施設が集まっているので、さすがに日曜午後は車であふれかえっています。空港からタクシーで向かうと、ホテル近く交差点では赤信号で5分以上止められました(ときどき信号を手動制御?にするようだ)。

スカイトレインのChong Nonsi駅から、BRT(Bus Rapid Transit)が開通しています。すでに、スカイトレインなどの地図にも表記され、電車内でもBRT乗り換えのアナウンスがありますが、おそらく正式開業というわけではなく、いまだに運賃無料での「お試し期間」です。

Chong Nonsi駅近くのターミナル。両端駅の乗車ホームだけは、ガラス張りで空調付です。
基点

車体デザインは、正直なところ、垢抜けているとは言えません(中国風?)。
BRT車両

車両の床は高く、ホームをかさ上げしています。ドアはホーム高にあわせていて、車内の床はフラットです。ドアは両側にあります。

車内

各停留所では、バスとホームとのギャップはほとんどありません。ガイドウエイなどがあるわけではなく(※)、縁石にあわせて運転手はミラーを見ながらゆっくりと、ホームにバスをまさにすりつけるようにして停車します。(実際、バスの車体には少々擦り傷があります)

(※後日コメント:ガイドウエイは、実際はきちんとあります。写真にも写っていて確認不足でした。考えてみれば、ガイドがないのにギャップなしでホームに擦り付けられるわけないですよね。)

バスの走行空間は、基本的には縁石で区切られていますが、途中の立体交差部では縁石がなくなり、BRT HOV(High Occupancy Vehicle)の共用レーンになります。HOV3人乗り以上が対象です。乗車したときは、特に道路は混んでいなかったので、縁石仕切りなしのHOVとの混成レーンでも問題ないように見えましたが、混雑時はうまく機能しているのでしょうか?
HOV

 

今回の導入区間は、バスの需要はそれほど卓越して多いわけではなく、また道路混雑もひどくはない場所とみました。BRTの必要性という意味ではそれほど大きくはないのかもしれませんが、技術的な面や運用のノウハウの蓄積という点では、BRT適用第1号としてはいいフィールドなのかもしれません。


翌朝が早いので、BRTに往復乗車したらすぐにホテルに戻り、ホテル内の中華料理店で夕食を済ませました。500バーツ(1700)分のホテル内クーポン券をもらいましたが(そんなことより宿泊料を安くしてほしいが、これが最安プランだったので仕方がない)、マッサージを頼むのもむしろ面倒だし、夕食くらいしかクーポンの使い道はありません。ホテル内だし、どうせ高いだけで味はたいしたことないだろう、という想像は幸い外れて、あわびのだしのあんかけ焼きそばは、思いのほか美味でした。味付けが薄めで、味の素っぽくないのもたいへん結構。海外、とくに欧米に行くときには、よほどのことがない限り中華料理や日本料理は食べませんが、東南アジア、とくにタイは別で、中華料理は時に本場以上に洗練されていておいしいです。

スカイライナー 初乗車
 8月8日から13日まで、ブータン出張です。ブータンからの留学生の研究指導で、彼女はすでにブータン入りして調査を進めているはずです。

ブータンというと、どうしても神秘の国とか秘境などというイメージがついてまわります。実際、ブータンのビザや航空券を手配するのは、ブータン特有の事情というかルールで、とても面倒です。観光は国を挙げて大いに振興しているところですが、一方で、むやみやたらと訳の分からない旅行者が来るのは遠慮したい、ということなのでしょう、行くまでにはいくつか「ハードル」があります。ブータン出張がきまってすぐに、何も知らずにJTBに行って、ブータンへの航空券とビザ代行を頼もうとしたら、「うちでは出来ないんです」といわれてびっくり。ブータンの現地の旅行会社と直接に関係する一部の専門的な旅行社でないと、個人旅行の手配は不可能なのです。このあたりは、その留学生に一手に頼むことが出来ましたが、それでも大学の出張届けに必要な書類は全てそろわないまま、出発の日になってしまいました。

ブータンへのDurkエアー(ブータン航空)は、バンコク発AM5:50(!)です。バンコクに一泊しなければならないので、それならばと、今回の行き帰りに、運行を開始した(でも、正式には「開業」はしていません。これは後述)BRT(Bus Rapid Transit)とAirport Link(空港連絡鉄道)を見てくる(乗ってみる)ことにしました。

さて、こちらは正式に開業した、成田スカイアクセスのスカイライナーです。リムジンバスの時刻が合わなかったので、せっかくなら乗ってみましょう、スカイライナーに。銀座線から行ったので、京成上野から乗車します。

スカイライナー

シート
シートはかなり薄いです。が、乗りごごちはOK。

鳴り物入りの開業だけに、160kmでの走行(ほんの一部区間ですが)は期待をはずさないものですし、車両もよく出来ていると思います。たしかに、はやい。以前より格段によくなったのは間違いありません。

でも、それにしても、運行系統がとても複雑(京成経由とスカイアクセス経由で、それぞれ有料特急と普通の優等列車がある)で、全体では本数はあるにしても、それぞれは本数が少ないのは、どうみても使い勝手はイマイチです。速いといっても、日暮里−第2ターミナルは最速36分でも、上野−第1ターミナルは47分ですからね。これだと、リムジンバスのTCAT(箱崎)−成田空港第1ターミナルの最速所要時間と実質は変わりません(着地を空港のターミナルビルの出発階とすれば)。

NEXもそうなのですが、空港近くの単線区間が速達性と輸送力を大きく阻害しています。これがなくなるだけで、平均所要時間(最速所要時間ではない)は5分くらいは早くなると思いますし、本数も増えます。なんか中途半端というか、「みみっちい」んですよね。こんなことは、交通の研究者が言うまでも無く、誰の目にも明らかなことですが、でも言わない訳にはいきません。


CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.